復興記念館収蔵品データベース

Great Kanto Earthquake Memorial Museum Database

河野通勢先生筆 大正13 年春陽会出品作品17

展示場所 記念館 1
種別 1.震災
整理番号 16-00125
分類項目 16.記録資料② 記録作品(絵画・彫刻・文集・写真など)
寸法(mm) H100×130
数量 1
重量(g) -
年代 1924年
キャプション 「被服廠跡」

作者の河野通勢(1895~1950、長野県生まれ)は、大正期から戦後にかけて活躍した画家で、油絵や小説の挿絵、山水画、銅版画など数多くの作品を残しています。この作品は、震災をテーマに描いた銅版画31点のなかの1つです。地震当日、河野は雑司ヶ谷に住んでいましたが、9月12日は親交のあった武者小路実篤邸を訪ね、その焼け跡を描きます。その後、各地の状況を精力的にスケッチして回り、銅版画を描き上げました。
河野通勢先生筆 大正13 年春陽会出品作品17
復興記念館収蔵品データベース利用上の留意点
  • 当サイトに表示されている文書・画像等のファイル及び内容に関する権利は、復興記念館に帰属いたします。
    また、一部の著作権は、原作者が所有しております。
  • 当サイトに表示されている文書・画像等の無断使用・転載につきましてかたく禁止致します。